Translate

2018年1月12日金曜日

Blackberry Q10 を手に入れた


最近BlackberryQ10を手に入れ、Q5、Q10、Q20(Classic)と3種類揃いました。

なぜQ5とQ20を持っているのに中間のQ10をてにいれたかというと、まさに『中間だったから』というのが理由です。
Q20は性能もよく、日本のLTEで使うのに向いており、トラックパッドもあるため非常に優秀です。しかし、重量があり、テキスト入力をずっと続けるとちょっと辛くなってきます(それでもPrivやNEC Terrainよりはマシ)。
片やQ5は軽量小型で持ちやすいのですが、先日のハンズアップでバッテリーが外せないデメリットを味わうハメになりました。
そうなのです。
Qシリーズの中で唯一バッテリーが外れるのがQ10なのです。

実際の使い勝手は、ハッキリ言ってQ5と変わりません。
違いはバッテリーが外れることと、キーボードがQ20に似ていることくらいでしょうか?
カメラやCPU、内部ストレージなどは強化されていますが、劇的に向上したようには感じません。
また重量が19g増え、バッテリー容量が80mA減っているというデメリットも大して気にはなりません。

最近再びBBOS10に触れるようになって気づいたのですが、2chMateが正常に動作しなくなっていることです。
どうやらBBOS10のAndroidソフトに不具合があるらしく、正常動作しなくなったらしいです。
スレッドでいろんな情報をチェックしていたのでちょっと不便ですね。
一応、別の専用ブラウザを使えばいいのですが、2chMateの使いやすさに慣れてしまうとやはり不便に感じてしまいますね。

また私にとって必須であるGoogle Driveとの連携について。
以前はCloud Explorer for Google Driveというアプリを使っていたのですが、これが最近は認証できなくなってしまいました。
以前から使っているQ5やQ20では動いているので、Googleの認証方法に対応できなくなったのだと思います。
アプリ会社のサポートにメールを送りましたが何の返答もありません。
そこで別のアプリを使うことにしました。
Play Cloud 10がそれです。

最初の設定が面倒でした(Google Driveをどこから有効にするか? 有効にしても初期設定ではWifiでしか繋げないとか)が、通常のファイラーとしても使いやすく、最近はこれをファイルマネージャーの代わりに使っています。

テキストエディターはGoogle Play Storeを入れてあるので、愛用のQuick Edit プロを利用しています。
当初はGoogle Playを入れずにAmazonaアプリストアだけで運用しようと考えていたのですが、私の愛用アプリがないため、断念しました。
ただこだわらなければ、そのままでも十分運用可能です。

それともう一つ。
BBOS10のファイルマネージャーの売りの一つであるクラウド連携が、最近は使えなくなっていました。
具体的にはConnect to DropboxとBoxが認証できなくなっていることです。

あまりDropboxを使っていなかったので気づきませんでした。
試しに昔は使えていた認証済みのQ20などでも試してみましたが、ファイルを見ることはできなくなっていました。
どうしても必要な場合はAndroiアプリのDropboxで代用することになります。

Q10は中古で安くてにいれた事もあり、実はキーボードにちょっと何があります。
A,D,Wあたりのキーを押すとなぜかSが同時に入力されることがあります。これがちょっとストレスですね。
キーボードはある意味消耗パーツなので仕方ありませんが、あまりにストレスが高いようなら、キーボード交換を行うかもしれません。

先日通常ブラウザでG+を見る方法を発見できたため、まだまだ現役で使えそうなBBOS10。
サポートが切れるまでのあと2年、どこまでいけるのか楽しんで行きたいと思います。


2018年1月8日月曜日

ヒンジ破損Thinkpad E130を購入したので直してみた

1/4に秋葉原に買い物に行き、Thinkpad E130というジャンクノートPCが\2280-で売っていたので、思わず購入しました。
ジャンクの理由は
・メモリなし
・HDDなし
・ACアダプタなし
という通常の「3無い」に加えて
・ヒンジ破損
ということからのようでした。

実際に開いてみると、右側のヒンジが完全に外れており、左側だけでかろうじてつながっているという有様でした。
とりあえず値段が安いので購入し、別途購入したメモリを入れて確認してみると、ちゃんと動きました。
調べてみると、このE130は設計上の不良らしく、多くの人がヒンジ破損をしているようです。
どうもネジを固定しているフレームのプラスティックに強度上の問題があるらしくそれが割れて固定できなくなってしまうようでした。
そして自分でネジ穴を開け直し、固定し直しているブログを見つけたので、私もこれに習い固定することにしました。

まずはネジを外し、キーボードとキーボードフレームを外します。
取り外してみると、プラスティックが割れて、ナットを固定できなくなっていました。

ここをドリルで貫通させ、ホームセンターで買ってきたネジを使って、背面から固定します。

2mm幅×10mm長のネジで背面から貫通させ、内側でナット止めをしました。


これでヒンジがちゃんと止まりました。
裏から見ると、銀色のネジが見えていますが、まぁ、ヒンジがいつ折れるかわからないよりはマシでしょう。

手間はかかりましたが、安価で打ちやすいキーボードのノートが手に入りました。

おまけ
そして、分解途中でこんなものを発見……

SIMスロット!?



2018年1月6日土曜日

Blackberry Q5で困ったこと発生

最近はいつもポケットにBlackberry Q5を忍ばせ、思いついたことを文章にしています。
軽いし小さいし、文章は早く打てるし、とても重宝する端末です。
しかし、今日とても困ったことが起こりました。

ハングアップです。

電源ボタンも効かず、画面スワイプによる起動までは出来るのですが、そこからロックを外すことができず何もできないのです。
昔の端末であれば、電池を抜くなどして再起動できるのですが、Blackberry Q5はバッテリー内蔵型。
簡単には再起動できません。

いろいろ試したのですが、何もできず、やはり内蔵バッテリーを外すしか方法はなさそうでした。

Q5は元々のバッテリーが膨張してしまい、手動で交換したことがあるので、開け方はわかりますが、やはり簡単に開けられないようになっているので、かなり面倒です。
しかも、ミドルフレームを外さなければ、バッテリー端子にアクセスすることもできません。
6本のネジを外して、ようやくミドルフレームを外し、バッテリー端子を外すことができました。
これでリセットとなり、また元のように使えるようになりました。

Androidであれば、音量大+電源を同時長押しすることで強制電源OFFできますが、Blackberry Q5はダメでした。
そもそも電源ボタンが効かなくなっているハングアップだったので、やはり今回の方法しかダメだったと思います。

最近の端末は軽量化と機密性のためにバッテリー内蔵型ばかりになっていますが、それも良し悪しだと思った一件でした。

2017年12月28日木曜日

HITACH製シンクライアントを買った


年内の仕事が終わり、久しぶりに秋葉原に出かけました。
そしてまたもシンクライアント型ノートPCを見かけ、1980円だったので購入してしまいました。
それがHITACH製のFlora Se210 でした。
 シンクライアントは企業へ納品されるときにカスタマイズされるのか、ネットで調べると同じ型番なのに、メモリやHDDの容量が違うものが出てきたりします。
私が購入した物はメモリ1GB、HDDが2GBの物でした。
キーボードは使用感いっぱい!
右側のキーは印字がはげてしまっています。
I O K Mを多用していたのか、完全にとれてしまっています。

とりあえず、昼食がてらファミレスで起動チェック。
いつも持ち歩いているUSBにはPupy Linuxが入っているので、これを使いました。
Basixとか書いてありますが、今はLXpupをいれています。
右のBlackberry Q5がWifiのHotspotになっています。
無事、起動。
ネットも問題なし!

年末に向けて、またおもちゃを手に入れてしまったという報告でした。






2017年12月22日金曜日

今更のBlackberry OS10

先日、あと2年はBBOS10をサポートするという発表があったばかりなので、それをネタにすると思われるかもしれませんが、その発表より少し前からBlackberryを毎日持ち歩くようになりました。
その理由は冬で着膨れしたから。

何のこと? と思われるかもしれませんので説明いたします。

私はよく通勤電車の中で文章を書いています。
それにはノートPCやPomeraが良いのですが、どうしても入力の時に肘が左右に出てしまいます。
横の人の迷惑にならないように内側に腕を絞って入力しているのですが、冬は厚着になることで、これが非情に辛い……というか、無理になってきました。
そこで考えたのが、スマートフォンでの文章入力です。
ただフリックで長文を入力するのは思ったより疲れます。
両手親指を使ったローマ字打ちの方が長時間のタイピングには向いています。
はい、そこで登場するのがBlackberry端末です。

私の所有するBlackberry端末の中で一番新しいのはPrivです。
Androidを搭載し、スライドキーボードを持ったこの端末でテキスト入力をしばらく試してみました。
最初は肘を気にせずに使えることを喜んでいましたが、だんだんと辛くなってきました。
理由はPrivの重心バランスがあまりよろしくないことです。
縦長のPrivはそのままでも下側が軽いのに、スライドさせるとトップヘビーが顕著になります。
そしてキーボードが無理して下に寄せてあるので、実はホールド感が悪いのです。
結果、長時間のタイピングは握力が疲れることになり、別の機種に変更しました。
そして色々交換しつつ、Blackberry Bold 9900で一応安定しました。

その途中でBBOS10を搭載するQ5、Q20(Classic)が使えずにもったいなく感じ、未練がましくいろいろいじりまわしています。
実はQ20はしばらくメイン端末として使っていましたが、いまは一戦を退いています。
その理由はGoogle+が使えなくなったからでした。
標準ブラウザからGoogle+にアクセスすると、このような表示が出ます。
別途Firefoxブラウザを入れて代用することも可能ですが、ピュアな標準ブラウザと比べると動作が重くなるのが難点です。

しかしふと標準ブラウザでもGoogle+が見られることがわかりました。
方法は2つありました。

1つめ「リンクを使う」
メールのリンクにある「投稿を表示」から標準ブラウザに飛ばすことで、Google+内に移動することができます。
ここで投稿内容を開き、それをブックマークしておくと弾かれること無く移動できます。
ただし、一手間かかりますね。

2つめ「デスクトップブラウズモードにする」
スマホのブラウザには「モバイルモード」と「デスクトップモード」があるのは、多くの人がお気づきだと思います。
実はこれを「デスクトップブラウズ」にすると弾かれずにトップページから開くことができます。
ただ弊害もあり、ブラウザを立ち上げた瞬間は下のようになります。
小さっ!
誤タッチしそうですね!

まぁ、Classicだとマウスカーソルが出るので、細かいタッチもできます。
通知を開いてみる。
デスクトップPCの表示そのもの。
さらにこれをタッチすると、モバイルと遜色ない拡大画面になります。

というわけでBBOS10の標準ブラウザでもちゃんとGoogle+が使えることがわかりました。
サポートが切れるまで、あと2年は大丈夫かもしれませんね。




2017年12月7日木曜日

Google Home mini を買ってみた

最近色々なメーカーから出ているスマートスピーカー。
自分は特に必要ないかと思っていました。
しかしビッグカメラで現在半額らしいと知りました。
6000円のminiが3000円で買えるとなれば、ちょっと試してみたいと思い、即購入しました。

というわけで届きました。

なかなか可愛いデザインです。
私は音にはあまりこだわらない人なので、miniで十分。

セットアップには、手持ちのスマートフォンにGoogle Homeアプリを入れることから始まります。
Home miniにはインジケーターは4つのLEDランプしかないので、スマートフォンを使ってセットアップするようです。
このあたりはChrome Castなども同じです。

設定にはちょっと時間がかかりますが、それさえ済めばあとは音声でコントロールできます。

音楽アプリはSpotfyやPlay Musicが対応しています。
私はSpotifyの会員なのでこっちをセレクト。
呼びかければいつでも音楽が聞けます。
ラジオもRazikoや、Tune inから流してくれました。

また実際に便利だと思ったのは、筋トレをしながらの操作。
「OK, Google 30秒タイマー」と命じれば、30秒後に教えてくれます。
トレーニングにはもってこいだと思います。

よく考えれば、わざわざこれを買わなくても、スマートフォンでも同じことができますよね。
スマホならどの部屋にも持ち歩けるわけですが。
でもHome miniはバッテリーの消耗を気にせずに使えるというのがメリットでしょうか?
それと、3000円ならお買い得!
(6000円だったら、買わなかったと思いますが)

私は壁に立てかけてある針金の格子に付けることにしました。

2017年11月20日月曜日

ドン・キホーテの2IN1ノートPC

ドン・キホーテで販売しているジブン専用PC&タブレットが、オフハウスで税別6000円で売っていました。
状態としては確かに小傷があり、特に液晶面にはカバンで運ぶときに、中のファスナーが当たっていたようなこすり傷がありました。
しかし6000円で2in1のWindows10端末が買えるならばお得だと思い、即購入しました。
新品でも19800円で販売している商品です。
この内容でよくこの低価格で販売できたと驚きです。
中身は中国の慶安の製品で、実は全く同じモデルが存在するようです。
その慶安の製品のキーボードを日本語版にしたのがこの製品のようです。

実際に触ってみると、可もなく不可もなく……いや、不可寄りの可でしょうか。
本体のストレージが32GB、メモリが2GBなのでWindwos10を動かすぎりぎりのスペックです。
ちょっと凝ったことをすると返ってこなくなることもありました。

キーボードも使えるレベルですが、質はお世辞にも良くないです。
タイピングするとちょっと気持ち良くないタッチフィールに、カシャカシャという安っぽいバネの音が返ってくるのがなんとも。
でも普通に打てば取りこぼしはなさそうなので、合格点ではあります。

一番のマイナス点は、タブレットでありながら、充電端子が専用のプラグになっていることでしょう。
ここはMicroUSBで充電できるようにしてほしかったと思います。

そしてキーボードの付属しているトラックパッドがすぐに暴走するのが問題です。
感度が良すぎるのか、すぐにドラッグ状態に入るのか、普通にマウスカーソルを移動させているつもりなのに、画面の拡大になったり、アプリの最大化が外れたりと、イライラすることがよく起こります。
ほかの方も同様な様子で、マウスを使うことで解消しているようです。

あともう一つ。
本体の電源ボタンを押すとすぐにシャットダウンに入ってしまうこと。
一般的なタブレットやノートの場合、即シャットダウンではなく、まずはスリープ、長押しで電源メニューが現れるのですが、この自分PCでは触っただけでシャットダウンになってしまいます。
電車の中で作業中、前に立った人のカバンがちょっと触ったら、突然シャットダウンに移行してびっくりしました。
場合によっては作業中のファイルがセーブされずに破棄されることもありますので注意が必要です。
ちなみにスリープにするには「キーボードを閉じる」でしかできませんでした。
つまりタブレットモードにすると時間でスリープになるのを待たねばならないようです。

一応、休止状態を有効にする「powercfg /hibernate on」を試したのですが、やっぱり駄目でした。

いろいろ問題もありますが、値段を考えると、これはこれで満足できる内容だと思います。