Translate

2017年10月16日月曜日

3WAY バッグを自作してみた

最近、ミシンクラフトをよくしています。
作っているのはカバンばかりですが、やはり自分の用途にあったジャストサイズのカバンというのが欲しいからなのです。

特に、Pomera DM200は横長なので、それが入るサイズのカバンだと縦もそれなりに大きくなるので、ジャストサイズではないわけです。
そこで色々試行錯誤して自作しています。

今回作ったのは横長の3WAYバッグ。
ちょっと見は把手の付いたショルダーバッグなのですが、
ベルトを付け替えると……
リュックとしても使えるようになります。
 
前面中央にはホック付きのポケットがあるので、ちょっとしたものを入れておいても落ちにくくなっています。
それと中にも大型ポケットをつけているので、大切な小物などはそちらに入れておけます。

製作時間はざっと5時間。
まだまだ効率的には作業できていませんね。

2017年10月11日水曜日

Jelly Pro アップデート

クラウドファンディングで手に入れた小さなLTE端末のJelly Proに
アップデートが来ていました。


アップデートの再起動時に○が表示された画面になります。
一見すると動いていないようですが、実は○がクルクル回っています。
このまま10分ほど待つときちんと再起動されます。
 
色々とバグフィックスされているようですが、ぱっと使った感じは違いはわかりませんでした。

また一週間くらいで次のアップデートがあるようなので、そちらでもっと変わるのでしょうか?

何にしてもちゃんとサポートされるというのは良いですね。

2017年10月10日火曜日

かんたん手作りリュック

最近、ミシンで布製の鞄を作ることにハマっています。
先日、布を買い足しにユザワヤに行ったとき、面白い商品を見つけました。
これがその商品です。
一枚の大きな帆布に、各パーツが印刷されています。
それをハサミで切り、設計図通りにミシンで縫うだけという物。
980円なので複数の色の帆布を購入するよりもお得なのです。
種類は「リュック」「トート」「ショルダー」と3種類ほどあり、各2色用意されていました。
 追記
  調べたところ各3色でした
  詳しくはこちら

面白そうなので、リュックタイプの紺色を買ってみました。

折り目がついてしまっているので、まずはシワ伸ばしにアイロン掛け。
縫い代ようにアイロン掛け。
それらを済ませてからミシン掛けを行いました。

完成品がこちら。
口の部分を止める方法は用意されておらず、自分で何とかしなければなりません。
私は100均で買ってきたホックを縫い付けてみました。

実際に使ってみると、ポケットもなにもないただの袋なので、バッグインバッグなどが必要です。
作業途中に内ポケットと、外ポケットを付ければ良かったですね。
あと、荷物が満載だと口が開いてしまうと思うのでマジックテープなどで開かないように細工した方が良いかもしれません。

何にしてもお手軽に作れる上に、しっかり使えるセットなので、初心者にはよい商品だと思いました。


2017年10月6日金曜日

クラウドファンディングは本性を暴く

以前、記事にもしましたクラウドファンディングの紙の財布ですが、
その後の対応が酷いと、出資者が怒っています。

https://cf.machi-ya.jp/project/20170417/01#Comments


運良く私は初回出荷だったので、その後をチェックしていなかったのですが、
更新があるとメール通知だけはくるので、本日更新があったことを知りました。

それにしても酷い状況ですね。
何より、この企業は出資者を待たせているという意識が非情に低いのが問題です。
工場の都合で製造が遅れているとしても、それに対してどのような対応を取っているのかを定期的に更新しなればいけないし、それは義務だと思います。

2ヶ月近くも放置していては客は怒るのも当然だと思います。

資金を事前に調達するクラウドファンディングは、弱小企業にも商品化のチャンスを生み出します。
だからといって安易に手を出し、ちゃんとしたケアをしなければその後の商売は続かないでしょう。
 
商売は信用が第一だと思います。

2017年10月1日日曜日

Jelly Pro をデジカメとして使ってみると

Jelly Pro ですが、先日の使い方で、あまりハードなことをしなければ1日は持つことがわかったので、安心して充電せずに使うことにしました。
Jelly Proはあまり高性能ではありませんが、800万画素のカメラを搭載しています。
そこで、今日はデジカメとして活用してみることにしました。
中古住宅の前に置かれていた説明文が変だったので。
普通は「居室内は」か「居室内も」だと思います。
曇り空の屋外です。

川越城本丸屋敷にて。
逆光は苦手なようです。

同、庭の写真。

同、屋敷内の武家人形。

川越氷川神社にて。

氷川神社名物の鯛釣りおみくじ。
残念ながら被写体より背景にピントが行っています。
小さい画面だと手前がピンぼけになっていてもわかりにくいのが難点です。

帰り道で食事をした時の写真。
このくらいの距離の被写体が一番きれいに取れるようです。

だんだんカメラの特性がわかってきました。
屋外より屋内、遠景より近景が得意なようですね。